園芸店の店員、というよりただの花好き

ohanalove.exblog.jp
ブログトップ

母の日終了〜!

一年で最も過酷な母の日仕事が終わりました〜。ホントに疲れた・・・。毎年同じこと書いてて申し訳ありませんが、これは1度でもお花屋さん等で母の日を経験した人ならわかってくれるはず。今日お店に出ているお花屋さんや園芸店の店員は、いつも通りに笑顔で「いらっしゃいませ〜!」と言ってくれるかもしれませんが、中身はボロボロでヨレヨレのはずです。特にうちの店の場合は年齢層が高いので・・・。

今回は、直前の金曜日に切花を仕入れに行く社長にくっついて市場へ。競りではなく、仲卸という業者向けのお店に向かいます。お花を扱っているお店がいくつかあって、お花がいっぱい!(当たり前か)カーネーションでも見たこともないような素敵な色(大体想像つくでしょうけれど・・・渋系です)のもあって、個人的には手を出したかったのね。ただ、うちの店の雰囲気、お客さんの好みの傾向、そして社長の好みから考えると却下なんだなー。くすん。他からも仕入れたお花があるので、それを頭に入れつつ選んだのは、カーネーション、ヒペリカム、デルフィニウム、ブルーファンタジア、デンファレ、ユーカリ、レザーファン、トルコキキョウ、それと赤バラ。それから資材屋さんへ行き、残り少なくなってきたカゴと、アレンジ用のカゴを・・・と思っていたのに、店に帰ってからアレンジ用のカゴを買って帰るのを忘れてたことに気がつきました。社長が。あ、でも、業者さんが予定通り来てくれててアレンジカゴも入荷してたので大丈夫でした。(ほっ)

店に戻ってからは・・・色々思うことがあって・・・内に籠ってしまいました。(実は最初そのことについて長々と書き連ねていたんですけどね。削除しました。)お花の仕入れの難しさを感じたり、無神経な人の発言に振り回されたり、やっとアレンジを作り始めたら昭和の雰囲気たっぷりなものになっちゃって・・・。(大泣)

帰ってからも夫には「昭和なアレンジを作ってしまったー!」とだけ言って、翌日も仕事に行くことにした(前半だけ。本当は休みの予定だった)ことを伝えたら、「昭和の花を作りにか?」って。(涙)でも、その一言で変な力が抜けたかも。(翌日も仕事中にメールをくれて、「平成元年ぐらいにはなったか?」ですって。)

色々あったその日の翌日は朝早く(4時頃)に目が覚めました。いつもはここで二度寝しますが、何だか眠れず・・・気分転換に近所のファミレスに出かけてモーニングを食べてたら、良いアイデアが浮かびました♪これを実行したら、抱えていた問題の大半が解決する!そう思ったら急に元気が湧いてきたんです。そして、いつも社長がやっているのを真似て「To Doリスト」を作ると、そのまま職場に向かいました。開店前なら誰にも邪魔されずに集中して作業ができるし、皆が出勤してきた時に安心してスムーズに動ける!と思って。それに、私も午後からは身体を休めて当日に備えたかったし。いやぁ〜作戦は大成功でした。植物が溢れている静かな店内で作業をしていたら、心のトゲトゲも消えていきました。途中で同期のSさんだけにはメールを送ると彼女も早めに出てきてくれて、話を聞いてもらいながら準備をしました。社長をびっくりさせちゃったけど。(笑)

そんな風に始まった母の日前日は、とてもいい感じで仕事ができました。切花を、新しく入ったOさん(花屋&フラワーデザイン経験者)と一緒にできることになり、色々教えてもらいながらアレンジを作っていきました。今まで教わってきたこととは違う方法や、お花の合わせ方、今風の挿し方等いい勉強になりました。そして、珍しくアレンジ作りを心から楽しむことができました♪また、仕事が終わってからもお昼休みに入ったSさんや先輩スタッフと色々話すことができて、かなり元気になりました。(いつも助けてもらったり、癒してもらったり、笑わせてもらってます。)

そして母の日当日の昨日。アレンジがぽつぽつと売れ始めて、Oさんと喜びました。私たちの「アレンジ買ってよね?(強)」の気が出まくってたと思います。(笑)あ、そういえばこんなことがありましたよ。ちょっと前から大小2つの重なった鉢があって、それが誰にも外せなかったんです。気にはなってたけど、とても余裕がなくてスルーしてたのね。で、昨日の夕方だったか大分落ち着いてきた頃、手が空いたので挑戦してみると・・・外せたの!「何で外せたの?」って聞かれても、そんなのわからないよー。何か見えない力が手伝ってくれたのかもね。そんなハンドパワーを持つ私が作ったアレンジ、まだ売れ残り在庫がありますのでよかったら買いに来てください。(爆)

a0068151_1129235.jpg

[PR]
by spiritualmoon | 2010-05-10 11:34 | 花屋→園芸店の仕事