園芸店の店員、というよりただの花好き

ohanalove.exblog.jp
ブログトップ

母の日終わった〜!

a0068151_1235039.jpg

ここ1ヶ月半ほど心配し続けてきた母の日が、なんとか無事に終了♪心身ともに疲れてボロボロだけど、終わってほっとした〜!という気持ちが大きいです。売り上げも、私が勝手にライバル視してる支店(イロイロ理由あって)より良かったし♪

何がそんなに心配だったかというと、やっぱり1番は大ベテランの先輩がいないことでした。資材の補充とか、サービス花束やアレンジの金額&花材設定とか、とにかく母の日のためにやらなければならない細かいことが多くて、それを私がやるのか・・・と。責任を重く感じる一方、元々負けず嫌いな性格なので、売り上げが去年よりもガクンと減ったりするようなことにはなりたくなかったりもして。また、4人のうち2人は入ったばかりの新人さんということと、残る一人(アルバイト)もアレンジ作りをやりたがらないので、飛び込みの注文が重なってしまったらどうしよう!!という不安もありました。

でも、準備についてはチェック項目をリストアップして確認するようにして、どうしたらいいかわからない時には先輩や他の人に聞いて(うるさいぐらいだったかも)、できることから少しずつやっていきました。それで精神的にも少しゆとりが生まれて、(やれることをやるしかないよなー。)と思えるようになりました。あ、でも途中で楽しみにしていた久々の休みが流れてしまった時・・・つい愚痴ってしまってたか。(笑)「具合悪いんじゃ仕方ないよね。お互い様だから。母の日のために今のうちにゆっくり休んで体調を整えてね。」って言いながらも、心の中では(私も疲れが溜まってんだよー。だから今日は仕事から離れて気分転換したかったのに・・・。)なんて思ってました。実際、泣きそうな顔してたんじゃないでしょうか。(そんな店員のいる花屋でお花買いたくない・・・。)

それでも何とか頑張れたのは、やっぱり上の人たちのおかげでした。足りない資材を口実に本店へ行くと、快活な社長の奥さんが「あれは足りてる?これも持っていく?」とあちこちからいろいろな物を出してきてくれ、先輩はお店でのあれこれを聞いてくれて気持ちを軽くしてくれ、社長は「アレンジ作ってく?花束がいい?じゃあ花束作ってみよう!」と、素敵に見える花束作りを教えてくれました。すごいっ!と思ったのは、私が作りかけていた花束の中のたった1輪のカーネーションの置き方を変えただけでガラッと印象が違ってしまったこと!まるで手品を見ているみたいでした。本当ですよ!そんな居心地のいいところなので、ついつい足が向いちゃって・・・。(何度行ったかな。)

社長の息子さんにも愚痴を聞いてもらったり(っていうより無理矢理聞かせた?)、母の日向けのアレンジ作りやラッピングのアイデアを出してもらったり、お世話になりました。が!何でこの時期にギフトに使えそうもない苗を置いていくんだーっ!売れないのに〜という不満もあったりして。(彼には彼の事情や考えがあってのことなんでしょうけれど。)その不満をまたぶつけてたりする私・・・。(^ ^;
言いたいことを言い過ぎてるかもしれないし、彼からしたら素人考えなのかもしれないけれど、言ってみるだけ言ってみようかな〜って。

いよいよ母の日当日が近づいてくると、家でもリボン作りをしたり、ポスター等を貼ったり、カーネーション(鉢花&生花)が大量に入ってきて・・・。直前になると普段の数倍のオアシスを水に浸けたり、鉢のラッピングをしたり、慌ただしくなっていきました。宅配の注文も入ってきたし。前日は雨だったせいかお客さんは少なくて・・・翌日の天気が心配でした。雨が降るとお客さんの数が激減するし、せっかくのお花を出せるスペースが限られてしまうからです。

でも母の日当日・・・雨は上がってるー!それで大分気持ちが明るくなり、気合いも入りました。カーネーションを並べた後、新人の2人には前日に追加で入ってきた鉢のラッピングとお花のチェック(傷み等)を、古株のアルバイトの子には花束のチェックをしてもらい、私はアレンジ作りの続きをしたり、花束やアレンジの飛び込み注文に対応したり。う〜っ。なかなか外に出られない・・・。出ようとすると、「アレンジが売れたので追加お願いします。」とか、「花束のラッピングお願いします。」(新人さんたちも時間をかければできるんだけど)とか言われてしまって。私もそれに対応するのが精一杯・・・。もっと速くできるようになれば、お客さんの応対をする余裕も生まれるんだろうな〜。接客の方は問題なさそうだったし、特にパートさんの方は販売経験がある人だから、迷っているお客さんにあれこれお勧めしてくれたりして、安心してお任せできました。アルバイト君も一生懸命だったし。

途中からは将来お花関連の仕事をしたいという、パートのMさんの娘さん(高校生)もお手伝いに来てくれて、大助かりでした。仏花作りを楽しそうにやっていたり、「アレンジ作ってみる?」と聞くと「いいんですかっ?」とものすごく嬉しそうだったので、私まで嬉しくなっちゃいました。だって、お店の他の人たちは「アレンジ」って言うと尻込みしちゃうんだもの〜。(そういう私もついこの間までそうだったくせに。)それに、このところ疲れが溜まっててどこかに行っちゃってた(お花が好き)っていう気持ちが、彼女のパッと輝いた表情を見て蘇ってきたんです。いいな、いいな〜。こんな可愛い、お花が大好き!っていう娘さんがいるMさんが羨ましい〜!

そしてやっと母の日も終盤に。決して経験が長いとは言えない4人(途中は5人)でしたが、ほぼ無事に乗り切ることができました〜。とにかく、終わってホッとしました。最後の方はヘロヘロで日本語が怪しくなっていたり、(あれ?何をしようとしてたんだっけ?)というのが多くなってきてましたけど。アルバイトの子が先に帰ったので残る3人で片付けをし、社長の息子さんからは好きなカーネーションを持って帰っていいと言われていたので、皆それぞれいただいて帰りました。私がいただいたのは、これ。今年の新色だということです。カーネーションを欲しいと思ったことはなかったけれど、母の日にカーネーションをもらえる人はいいな〜と思ってたので、嬉しかったです。

振り返ってみると色々反省点はあるけれど、それは今後に活かしていきたいです。2日間の休みで疲れを取ったら、また頑張ろう〜!今週は「国際バラとガーデニングショウ」も始まるし♪今年はお手伝いもしてきます〜。(つくづくイベント好きだな・・・。)

そういえば本店に行った時、先輩のSさんにこのブログのことを聞かれました。「検索してみよう」って言ってましたが・・・辿り着けたでしょうか。色々書いてるから読まれるのは恥ずかしいので、見つけていても一人でこっそり読んでくださいね。(笑)
[PR]
by spiritualmoon | 2006-05-15 23:19 | 花屋→園芸店の仕事