園芸店の店員、というよりただの花好き

ohanalove.exblog.jp
ブログトップ

セントポーリア展示会と「究極の黒」その他

a0068151_22591330.jpg

今日は仕事が休みだったので、セントポーリアの即売会(新宿)と展示会(神代)へ行ってきました。ついでに深大寺周辺の園芸店へもてくてくと・・・。(先日、ふくらはぎがつったと周囲の人たちに話したら「運動不足!」と言われたので、それ以来意識して歩くようにしています。)

即売会ではミニ種とセントポーリア以外のゲスネリアをチェック。今回、ミニ種がわりと多かったようで、私の好きな「ジュリエット」や「シャンタスプリング」もありました。他にも迷った株がいくつか。(でも、置き場所のことを考えてやめた。)ゲスネリアコーナーには、お目当てのシンニンギア(ミニ種)はありませんでした。

次に外の売り場に出ると、ヘレボルスのチェックを・・・。すぐにそれらしい葉っぱが目についたので、(あった!)と近づいていったら・・・アシタバでした・・・。orz
そこからあまり離れていないところに本物がありました。「野田園芸さんの白ポット」と呼ばれているものです。「マニア向け」となっていたダブルの苗がとっても気になったのですが、白ポットの「ダブル×セミダブル」を買ったばかりなので今回はパス。その他にセール品というのもありました。元の値段と大きさからすると昨シーズンは開花株として販売していたものじゃないかと思われます。

それから神代植物公園へ向かいましたが、公園に入る前に周辺の園芸店に寄ってみました。グリーンホビーでは、苗に親株の写真と説明つきの札がささっていました。生産者さんのこだわりが感じられます。ダブルの開花株もありました。

深大寺近くの園芸店ではシクラメンやランの鉢植えが豪華に並んでいました。シンビジウムは安かったかも。昌山園にもヘレボルスの苗がいくらかありました。開花株が並ぶ時期になったらまた行ってみたいと思います。

植物公園に入ると、まっすぐセントポーリア展の会場へ向かいました。入り口近くで販売苗のチェック。(買うつもりはなかったけど、一応。)その後展示株を見ていきました。私がセントポーリアを育て始めた頃すでにあった品種もあれば最近の品種もありました。自分で育ててみたいと思った品種が2つほどあったけれど、そのうち1つは古い本に載っていたくらいだからビンテージのような気がする・・・。でも実物を見ることができて嬉しかった〜。

展示を見終わると、次は会場近くの売店へ。それが神代へ来た時のお決まりのコースになっています。そこでは手前に置かれたバラ苗ではなくて、奥の棚に並んだ山野草類を見るのが好きなんです。今回ここではヘレボルスの苗(グリーンホビーで見たのと同じ札つき)に「究極の黒」を発見。すでに買ってあるルーセブラックと比較したくて買っちゃいました。(どちらもお花は来シーズン以降になるでしょうが。)あと・・・色がツボにはまった大文字草も。(^^ゞ
2つあってどちらにしようか悩みに悩んで選びきれず。結局両方。そのうちの1つがこの画像です。札には「斑入り紅花大文字」と書かれていました。もう1つの方には「紅天狗」と。大文字草は前から気になる存在だったけれど、今回はついにお迎えしてしまいました。今度はこれに合う鉢を探しに行かなきゃ〜!
a0068151_22593511.jpg


「究極の黒」の画像はこちらです。(向きを変えて撮影)
a0068151_12193582.jpg

a0068151_12195944.jpg

まだこんな風なので、開花までは時間がかかりそうですが・・・じっくり待つのもこのお花の1つの楽しみだったりします。
[PR]
by spiritualmoon | 2006-11-24 22:55 | 講座・イベント