園芸店の店員、というよりただの花好き

ohanalove.exblog.jp
ブログトップ

覆輪侘助と出会ってしまった〜

a0068151_13391259.jpg

一昨日の朝いつものように出勤し、店のドアを開けた瞬間・・・真っ先に目に入ったのがこの「覆輪侘助」でした。私が休みだった2日の間に入荷したものではなく、かなり前からあった椿の苗。それもどうやら最後の1株のようで、たった1つぽつんと置かれていました。それまでずっと蕾はあるものの、咲いているのを見たのは初めてだったので感動したというのもあるのでしょうが、淡いピンクに白の覆輪という色合いもツボにはまり、とりあえずキープしておくことに。

開店準備を一通り終えて花苗に水やりをしていると、顔見知りの植木屋さん(私の「木の師匠」)が「冷やかしに来たぞ〜。」と登場。そこで椿について気になっていたこと・・・「鉢植えで大丈夫?」と聞くと大丈夫との答えだったので、よし、買って帰ろう!と。あと、その木が3年経ったものだということや、若いうちはあまり咲かせすぎないようにすること等も教えてもらいました。

昨日は夜まで雨がずっと降っていたので、今朝やっとデジカメで撮りました。雨と風で少し傷んでしまいましたが、とっても可愛いお花です。

そうそう。せっかくお迎えしたので、「侘助」や「ツバキ」「サザンカ」について調べてみました。「ツバキ」と「サザンカ」は、前者が花首からボトッと落ちて、後者は花びらがひらひらと落ちるという違いがあるくらいで見た目はそっくりだと思ってましたが、同じツバキ属でした。「草木図譜」内の「ツバキ属の植物の相違点」によると、ツバキ(原種、園芸品種)の学名は「Camellia japonica」で、サザンカ(原種、園芸品種)のは「Camellia sasanqua」。また、ツバキの一品種だと思っていた侘助も「Camellia wabisuke」となっているから別種ということになるようです。勉強になるなぁ〜。

また、「覆輪侘助」についてもチェックしておきました。全く知らなかったのですが、このお花は「猪口咲き」といって、私の大好きな「開ききらない咲き方」なのだそうです。わ〜い!(大体、侘助とはそういう形をした椿のことという認識もあるそうですが、それは正確ではないと上記のサイト「ワビスケの定義」には書かれています。)そのことがわかって、余計にこのお花に愛着が湧いてきました。

なぁ〜んて書いてると、すぴが今度はツバキ属を集め始めると思われてしまうかもしれませんが、それはないと思いますよん♪今の家に住んでいる限りは無理ですから〜。
[PR]
by spiritualmoon | 2007-01-07 14:53 | 買ったお花