園芸店の店員、というよりただの花好き

ohanalove.exblog.jp
ブログトップ

桜草ウィーク

今週は毎日どこかへ出かけていたんですが、23日、24日、26日の3日間は日本桜草の展示会を見にあちこちと・・・。最終日直前のもあったし、日にちに余裕があるものでも連休前に行っておかないと、出かけにくくなるから。(^^ゞ

a0068151_11405427.jpg

23日に行ったところは、埼玉県さいたま市の「錦乃原櫻草フェスティバル」。荒川河川敷の、元々が桜草の自生地だったそうです。今は保存会により錦乃原櫻草園が設置され、桜草を保護しているようです。私が行った時には雑草が結構伸びてきていて、桜草がちょっと埋もれた状態でした。でも、昔もこんな風に咲いていたのかなーなんて思いながら観察するのは楽しかったです。

園内では、栽培に関する相談に乗ってくださったり、甘酒をふるまっていたりしました。 また、無料配布の苗をいただけました〜♪私がいただいたのは「銀孔雀」という品種で、昨日見たら蕾が上がってきてました。開花が楽しみだなぁ。株の販売もしていて、そちらは150〜500円でした。良心的な金額かな?

24日には、千葉県佐倉市にある国立歴史民族博物館のくらしの植物苑で開かれている「伝統の桜草」展へ。私が日本桜草に興味を持ったことを知ったRさん(園芸含めて植物の奥深さを教えてくれた一人)がこの情報を教えてくれたんですが、先日一緒に園芸店巡りをしたまなさんも同時期に某所でこのイベントを紹介していて・・・。この人たちが書いてくれてるなら、きっと見るべきものなのだろうと思い、この日急に出かけることにしました。(5月6日までやっているのだけど、連休に入っちゃって万が一行けなくなったら嫌だなと思ってカレンダーを見たら、他に行ける日がなかった・・・。)

ちょっとアクシデントがあったりしたのですが、何とか見ることができました。
a0068151_11412499.jpg

こういうのが見たかったー!と思っていたのが、これ。江戸時代後期にはこういう小屋に作られた雛壇に、綺麗に並べて鑑賞していたようです。小屋の前には縁台があり、そこに座って見るようになっていました。この画像はその縁台に座った状態で撮ったものです。江戸時代の人たちは、鑑賞しながらどんな会話を交わしていたのかなぁなどと考えながらしばし眺めていました。

a0068151_11415011.jpg

小屋以外の、東屋や温室にも沢山の桜草が展示されていました。

25日はお花の教室があったので、翌26日に神代植物公園の「さくらそう展」に行ってきました。入園する時、一瞬悩んで年間パスポートを買うことに。これなら、色々なお花のシーズン毎に行きやすくなると思ったからです。(^_^)
a0068151_11421419.jpg

正門を入ってすぐ左側。沢山の桜草が並んでいましたー!じっくり見てみると色んな色、形、大きさ、咲き方をした桜草があって、他の人たちも熱心に見入ってました。

愛らしい桜草ですが、日本で古くから収集、栽培、鑑賞されてきた古典園芸植物(必ずしも日本原産のものとは限らず、外来種であっても日本の園芸文化として発展してきたものも)のうちの1つなのだそうです。(ということは、昔からマニア心をくすぐるお花であったということ?)古典園芸植物で他に思いつくものといえば、朝顔とかオモト。他にはどんなのがあるのかな?ということで、桜草の展示場所のすぐ隣、植物会館で開催されていた「古典園芸植物展」も見てみることにしました。

オモト、サイシン、キンシナンテン、セッコク、カンノンチク、イワヒバ、マツバラン・・・などが展示されていて、屋外とは違いひっそりと、厳かな雰囲気でした。オモト1つとっても、斑入りだったり捩じれていたりして、近所で見かけるものとはかなり違う感じです。イワヒバも、時々園芸店で見かけると(コケかしら?)くらいの気持ちなのですが、立派な鉢(だと思う)に植えられている展示株は王様(国と時代背景から言えば「将軍」かな?)のような威厳があって、近づいたら「無礼者!」と叱られそうな感じ。植物に関しては自分は結構渋好みだと思ってたけれど、ここは・・・渋過ぎ!(でも、以前キンシナンテンは買いそうになったことがあったりして。)

それから、会場の壁には賞状のような、お相撲の番付表のような紙が何枚か貼られていたので、近づいて見てみました。それは各植物の「銘鑑」というもので、園芸品種の番付表なのだそうです。本当は撮ってきたかったのだけど、軽々しく撮ったりしちゃいけないかな?と思ったので、止めておきました。

会場を出てからは、売店を見たり園内を散策しながらデジカメで撮ったりしてました。ツツジや藤が綺麗に咲いていて、写真を撮っている人も多かったです。平日の割には人が多いなーと思ったのだけど・・・年齢層を考えたら納得。連休に入っちゃうと若い家族連れとかが増えるから今のうちだ〜と思ったのかな?藤の写真を撮ろうとしたら、大きな蜂(かどうかわからないけど、私には全て蜂に見えるのだ)がブンブン飛び回ってて、怖かったー!ビクビクしながら、そして近づいてくる彼等から逃げながら、撮ってました。おかげであんまり綺麗に撮れてないので、ここには載せないんだ〜。バラ園のバラは、蕾が沢山上がっていて咲くのを待っている感じでした。またバラの季節になったら行ってみようっと。(年間パスポートも買ったことだし♪)

a0068151_11424658.jpg

深大寺門から出て、お蕎麦屋さんが並んでいるあたりまでぶらぶらと歩いていると、池にアヒル(2羽)と亀(沢山)がのんびりとしてました♪お邪魔しないように・・・パチリ。モミジの新緑が綺麗でしたよ。
[PR]
by spiritualmoon | 2007-04-28 10:30 | 講座・イベント