園芸店の店員、というよりただの花好き

ohanalove.exblog.jp
ブログトップ

母の日直前

久しぶりの日記更新です。
お休みしていた間しばらく風邪に苦しんでたりもしましたが、その後回復してきてからは仕事のために色々我慢・・・ネットも。そう、またこの時期がやってきたんですよー。

世のお母さんたちにとっては、子ども達からプレゼントをされたり、感謝されたりする幸せな日だったりするのですが、花屋の店員にとってはハードな時期です。花屋としては2年ぶり、そして今の店では初の母の日シーズンを迎える直前の私はナーバスになっていました。でも、いよいよ準備が始まると流れに身を任せる・・・というか、とにかくできることをやるしかないな、と。早めの出勤や残業、定休の出勤、リボン作りで手足と腰が辛〜い!でも、皆同じ状態でも頑張ってる。だからなのか、職場にいる間は不思議と大丈夫なのです。そのかわり、家に帰ってくるとご飯を食べる気力もなくなるほどだったり。(朝はしっかり食べてるので、ご安心を!)ただでさえ手抜き主婦なのに、物日近くなると手抜き度がアップしますが・・・かなり大目に見てもらってます。(^^ゞ

さて。そろそろ母の日が近づいてきましたね、という頃にまたまた新人さんが入ったのです。前回、あっという間に辞めていった子の後だし、また忙しい時期の直前でもあるので、過度な期待はせず冷静に見守っていたのですが・・・やっぱり辞めちゃいました。まだ数回しか仕事をしていないのに、ある日体調が悪いと電話連絡が入ったのでイヤーな予感はしてたんですけどね・・・。うちの店ってそんなにキツいかなぁ。今回のことを店長に聞くと、状況は話してくれたもののさすがにがっくりきているようでした。定員で母の日を迎えられると思っていたのに、また一人欠員の状態に戻ってしまったんですものね・・・。誰か、長く働いてくれる体力と根性の持ち主が来ないかなー。あ、(お花に囲まれて癒されたい♪)と夢見ているだけではムリかも。

仕事と職場の話はこれくらいにしておいて・・・。
我が家の「庭」の近況です。

a0068151_2281958.jpg

暖かくなってぐんぐん伸びてきている斑入りのワイヤープランツ「スポットライト」を植え替えました。器はミントグリーンのピッチャー型をした雑貨に底穴を開けたものです。このワイヤープランツはとっても気に入っていて、職場の仕入れ担当(鉢)の人に話したら仕入れてくれたので、グリーンを求めているお客さんには積極的にお勧めしています。(笑)

a0068151_024249.jpg

こちらはプリムラ・フランシスカ。前シーズン、初めていただいた株は充分に咲かないまま夏に枯れてしまったため、冬に苗を見つけて再挑戦しました。この時期になってやっと咲いてきています。内側が黄色で外側が緑色をしているのが特徴的なお花です。夏越しできるといいのだけど。

a0068151_2214743.jpg

こちらも再挑戦中のマルバストラム。アプリコット色のお花も、ころんとした形の葉っぱもお気に入り♪寄せ植えに使いたい気もするし、単植もいいかなーとも思うので、まだポットのまま。(笑)

a0068151_0252356.jpg

前の店でお客さんからいただいたオダマキも元気に3年目を迎えました。寂しい冬の間、株元にスイートアリッサムを植えておいたらこんな風になりました。家の北側でもこんなにモリモリと咲いてくれています。

a0068151_2204493.jpg

我が家の長老ギボウシと、その手前に置いているハーブの寄せ植えコンテナから溢れているオレガノ・ケントビューティーです。ヘレボの葉っぱもチラッと・・・。

a0068151_223357.jpg

これは何年か前にネットショップで買ったシンバラリア・ムラリス「アルバ」。コロセウム・アイビーとかコリセウム・アイビーとも呼ばれるものの白花種です。こぼれ種であちこちの鉢から芽を出すほど強いお花です。この小さな鉢(3号)も、元々植わっていたヘレボルスのリビダスが枯れてしまった後放置していた結果こんな風に。

a0068151_2274813.jpg

そしてこちらはシンバラリア・ムラリスと思われるもの。道ばたに咲いていたものを手でちぎってきて植えたらあっという間に殖えました。画像では分かりにくいですが、お花は薄紫色をしています。これはヘレボルスの鉢にこぼれ種から芽を出し、急成長した株です。このままだとヘレボによくないので、いつか植え替えなければ!

a0068151_2192532.jpg

最後の画像は、つい最近衝動買いしてしまった長崎ラベンダー2種です。どちらも耐暑性に優れていて、右側の「城南1号」は二季咲き性があるタイプ、左側のライトブルー「城南5号」はコンパクトに育つタイプなのだそうです。暑さに強いということなので、寿命も長いかな?と期待しています。ただ・・・このネーミングはいかがなものかと思うのです。「〜号」って何となく機械っぽい気がするし、2号から4号はどうしたんだ?と気になったりもします。きっと考えたのは管理職クラスのおじさん男性じゃないかって思うのだけど。もっと、素敵な香りや清々しい姿が浮かんでくるような名前をつけてほしいー!
[PR]
by spiritualmoon | 2008-05-09 00:21 | 花屋→園芸店の仕事