園芸店の店員、というよりただの花好き

ohanalove.exblog.jp
ブログトップ

今シーズン最後の展示販売会・・・だよね?

展示会が終わり、私もようやく自分のヘレボ達とゆっくり過ごせるかな〜と「庭」をチェックしてみました。
数年前のHELLEBORUS倶楽部のオフ会の時に買った野田園芸さんの白のダブル。
a0068151_1041422.jpg

買った時は少しよれよれだったけれど、ぽってりとして色も綺麗な白になりました。

このダークパープルのセミダブルは昨シーズン買ったものなのですが・・・お花を見ずに買ったのかな?それともシングルから変化した?どちらにしても予想外にセミダブルで咲きました。びっくり〜。シングルだと思って、ネクタリーの色は?と持ち上げてみたらセミだったんだもの。
a0068151_10351646.jpg

セミは少ないので嬉しいです♪

そんな風にのんびり過ごしてたのかと思うでしょ?ところが・・・なぜかあちこち(近場ばかりですけどね)出かけてはヘレボを増やしていました。(笑)その行動を自分なりに分析してみると、「冬眠の前に食料を蓄える小動物」みたいなものかな、と。シーズンが終わりそうになった今、(買物ができなくなる〜!)と、せっせと集める・・・。はぁ〜。何をやってるんでしょうか。

a0068151_10324878.jpg

大木ナーサリーさんのヘレボ。ころんとした蕾も可愛い上に、葉っぱも素敵です。

a0068151_10341878.jpg

これも大木さんのプルート交配。ボキャブラリーが少ないので何と表現すればいいのかわかりませんが、簡単に言うと「色が面白い」んです。買った時に見た花色と、今うちの「庭」で見る花色が違った感じになっていて・・・見れば見るほど惹き付けられます。

この週末はキムラヤガーデンズさんが旧店舗からも近いところで展示販売会をされていると聞き、行ってきました。その日は初日でしたがあいにく朝から雨降り。それでもすでにお客さんの姿が!その日は午後から仕事の予定だったので、いられるのは正味1時間位。それで普段よりも早いペースでチェック♪すると途中で職場から電話があり、休みにしてもいいと!悪天候の園芸店や花屋はかなり暇になるので、人手が足りない時以外にはこういう風に休みになることもあるんですよね。仕事は好きだけど、今月と来月は忙しい時期ということで出勤日数が増えているから、体力的には嬉しい休みです。(でも、こんな風に出かけていたら休息になっていないような??笑)思わず、「やったーっ!」とガッツポーズする私・・・かなり変な客。(爆)

キムラヤさんの店長さんとはちょうど1年ぶりくらいにお会いしましたが、相変わらず熱い方で・・・嬉しかったです。また、都内に店舗があった時にはゆっくりお話する機会がなかった従業員の方達とも、色々お話することができて楽しかった〜。花屋や園芸店で働く人たちは大体植物やお花が好きなものなのだけど、これほど熱く語れる人たちは少ないように思います。いつか、園芸店で働く人たちと集まって、語り合ってみたいものだと思いました。共感することや勉強になることがいっぱいありそうな気がします。変にライバル視するのではなくて、お互いに高め合うこともできるのではないか?そう思うのです。

a0068151_10345547.jpg

これはその展示販売会場で買ったうちの1つで、やはり大木さん株です。(今日の日記は大木さん特集!?たまたまなんだけど〜。笑)内側もグリーンで綺麗なのですが、外側のこのかすれた感じがたまらん!です。

帰りの荷物はずっしりと重かったけれど、優しい紳士が途中まで運んでくれました。たまにこんな風に女性扱いされると嬉しいものですね♪(爆)

実は1月末に、悲しい出来事がありました。その直後は外に出ても(どうして昨日と同じようにバスは走り、人は歩き、お花は咲いているのか?)と、自分の内側にある現実と外側にある現実とのギャップに心が沈み、「庭」でシーズンを迎えたヘレボたちは目に入るものの、焦点を合わせる気にはなかなかなれませんでした。仕事をしていても、手があくと悲しくてたまらなくなるので、とにかく動き続けていました。職場の人たちも、ほとんどは(「皆」じゃないところがアレですが。笑)気持ちを察してくださったので・・・本当に助かりました。

表面上は普段通りに過ごし、展示会も迷った末にギリギリになって申し込み、ヘレボを見たいからというよりも家にいたくなくて園芸店巡りをしていました。気分は「さすらいのすぴ」でした。

1ヶ月経った2月末、夢を見ました。楽しい夢でした。それが現実だったらどんなによかっただろうと思うような。そして1ヶ月ぶりに、辛くて足を運べなかったところへ出かけてきました。それで大分気持ちが落ち着きました。

その間、話を聞いてもらった職場の人たちや友達には、本当に感謝しています。「持つべきものは友」という言葉がありますが、その通り。

「友」っていうのは、心の距離を感じない存在。たとえ遠くにいてもふとその人のことを思い出したりすることがあって、そんな時には心がふわっと温かくなるような。そして時には心配をしたりもして。そういう人が、あなたにはいますか?「いるよ!」ってきっぱりと言える人は、幸せだよ。楽しい時だけじゃなくて、何か辛いことがあった時、「本当の友」はそばにいてくれるから。

多分、私の世代より上の人だったら・・・いや、下の人でも聴いたことがあるかな。サイモン&ガーファンクル(Simon & Garfunkel )の「明日に架ける橋(Bridge Over Troubled Water)」。中学の頃に文通していたオーストリアの女の子が「私の大好きな曲だよ。」って教えてくれて以来、私もずっと好きな曲なのだけど。(注:この曲が発表されたのはそれよりもずっと前ですから〜。)ポール・サイモンとアート・ガーファンクルは小学校時代からの友達でした。ずっと仲良し♪というわけにはいかなかったようですが、力を合わせて素晴らしい曲を数多く世に送り出しました。久しぶりにS & Gでも聴いてみるべ。

そういえば・・・S & Gが好きだった叔父がよく聴いていた「サウンド・オブ・サイレンス(Sounds of Silence)」。そしてその曲がかなり気に入ってた激渋幼児は・・・私です。(爆)

ずっとずっと・・・咲いてね。
a0068151_15272064.jpg


sanaeさん、(彼の)お誕生日おめでとうございます〜♪
a0068151_15273595.jpg

[PR]
by spiritualmoon | 2009-03-08 16:37 | 講座・イベント