園芸店の店員、というよりただの花好き

ohanalove.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:講座・イベント( 65 )

セントポーリア展示会と「究極の黒」その他

a0068151_22591330.jpg

今日は仕事が休みだったので、セントポーリアの即売会(新宿)と展示会(神代)へ行ってきました。ついでに深大寺周辺の園芸店へもてくてくと・・・。(先日、ふくらはぎがつったと周囲の人たちに話したら「運動不足!」と言われたので、それ以来意識して歩くようにしています。)

即売会ではミニ種とセントポーリア以外のゲスネリアをチェック。今回、ミニ種がわりと多かったようで、私の好きな「ジュリエット」や「シャンタスプリング」もありました。他にも迷った株がいくつか。(でも、置き場所のことを考えてやめた。)ゲスネリアコーナーには、お目当てのシンニンギア(ミニ種)はありませんでした。

次に外の売り場に出ると、ヘレボルスのチェックを・・・。すぐにそれらしい葉っぱが目についたので、(あった!)と近づいていったら・・・アシタバでした・・・。orz
そこからあまり離れていないところに本物がありました。「野田園芸さんの白ポット」と呼ばれているものです。「マニア向け」となっていたダブルの苗がとっても気になったのですが、白ポットの「ダブル×セミダブル」を買ったばかりなので今回はパス。その他にセール品というのもありました。元の値段と大きさからすると昨シーズンは開花株として販売していたものじゃないかと思われます。

それから神代植物公園へ向かいましたが、公園に入る前に周辺の園芸店に寄ってみました。グリーンホビーでは、苗に親株の写真と説明つきの札がささっていました。生産者さんのこだわりが感じられます。ダブルの開花株もありました。

深大寺近くの園芸店ではシクラメンやランの鉢植えが豪華に並んでいました。シンビジウムは安かったかも。昌山園にもヘレボルスの苗がいくらかありました。開花株が並ぶ時期になったらまた行ってみたいと思います。

植物公園に入ると、まっすぐセントポーリア展の会場へ向かいました。入り口近くで販売苗のチェック。(買うつもりはなかったけど、一応。)その後展示株を見ていきました。私がセントポーリアを育て始めた頃すでにあった品種もあれば最近の品種もありました。自分で育ててみたいと思った品種が2つほどあったけれど、そのうち1つは古い本に載っていたくらいだからビンテージのような気がする・・・。でも実物を見ることができて嬉しかった〜。

展示を見終わると、次は会場近くの売店へ。それが神代へ来た時のお決まりのコースになっています。そこでは手前に置かれたバラ苗ではなくて、奥の棚に並んだ山野草類を見るのが好きなんです。今回ここではヘレボルスの苗(グリーンホビーで見たのと同じ札つき)に「究極の黒」を発見。すでに買ってあるルーセブラックと比較したくて買っちゃいました。(どちらもお花は来シーズン以降になるでしょうが。)あと・・・色がツボにはまった大文字草も。(^^ゞ
2つあってどちらにしようか悩みに悩んで選びきれず。結局両方。そのうちの1つがこの画像です。札には「斑入り紅花大文字」と書かれていました。もう1つの方には「紅天狗」と。大文字草は前から気になる存在だったけれど、今回はついにお迎えしてしまいました。今度はこれに合う鉢を探しに行かなきゃ〜!
a0068151_22593511.jpg


「究極の黒」の画像はこちらです。(向きを変えて撮影)
a0068151_12193582.jpg

a0068151_12195944.jpg

まだこんな風なので、開花までは時間がかかりそうですが・・・じっくり待つのもこのお花の1つの楽しみだったりします。
[PR]
by spiritualmoon | 2006-11-24 22:55 | 講座・イベント

国際バラとガーデニングショウ(2)

a0068151_2052959.jpg

これはガーデン部門の大賞受賞作だったと思います。素敵だったけど・・・私は一昨年の大賞受賞作品の方が好きかなぁ。(素人目には同じ路線に思えたので、新鮮味に欠ける気もしたし。)
a0068151_2054424.jpg

そしてこれは、1枚目の作品の影になった部分にひっそりと咲いていたクリスマスローズ。この時期までお花をつけて、ご苦労様。(うちにもそういうのがまだあったりして〜。)
a0068151_2055622.jpg
a0068151_206848.jpg

「屋根の上のバイオリン弾き」というタイトルの作品。屋根の上にはポットマンが寝そべってます。(彼がバイオリン弾き・・・?)下の画像にあるような、大きなギボウシは私の憧れです。
a0068151_2062341.jpg

こんなさりげないお庭っていいなぁと思って撮ってみました。
a0068151_2063676.jpg

この美しい葉はヒューケレラかなぁと思ったのだけど・・・違うかも。

今回失敗したのは、しっかりガイドブックを見て回らなかったため、ケイ山田さんのガーデン(良かったらしい)とかオールドローズアベニュー、ミスターローズ鈴木省三さんのコーナー等見逃してしまったこと。(何やってんだか。)仕事帰りで疲れ気味だったからか、途中でテンション下がってしまって・・・。やっぱり休みをとって朝から回るのがいいなぁ〜。

そんな、結構大雑把に回った今回のショウでしたが、ローラン・ボーニッシュさんはしっかりと見てきました。(笑)今回も女性たちに囲まれて、うっとりするような手さばきでブーケを作ってました。花屋で働きたいと思った理由を尋ねたら「男の人が花束とかを作るのはかっこいいかもと思った」と答えた、うちのお店の新人アルバイト君にも見せてあげた〜い!と思いました。あと、「趣味の園芸」司会者の柳生真吾氏が〜!本を買ってサインをもらおうか・・・?と一瞬思ったけど、小心者なのでできず。

今回はいくつかの期待していたお店(バラじゃないけれど)の出店もなく、それもテンション下がった理由だったような気がします。今年は販売されてるかなーと期待してた2005年の新種ER「クィーン・オブ・スウェーデン」は売り切れてたし、探してた「ラ・レーヌ・ビクトリア」も見つからず・・・。で、ついに買ってしまったのが「ピエール・ドゥ・ロンサール」(通称ピエールさん)です。ツルバラだし、一季咲きだし、で今までは手を出さなかったんですが、バラのコンテナ栽培の本でコンパクトに育てることもできるとあり、やってみようと思ってしまったのでした。来年咲かせることはできるでしょうか・・・。
[PR]
by spiritualmoon | 2006-05-23 20:02 | 講座・イベント

国際バラとガーデニングショウ(1)

一昨年、去年に引き続き、今年も行ってきました。今までと違うのは、販売ブースでのお手伝い(売り子)もやった点です。(1日だけですが。)

お手伝いをしたのは21日。この日は日曜日で、お天気にも恵まれたせいか人が特に多かったんじゃないかと思います。なにせ、ブース内での移動もままならないほどでしたから。「最初に立った場所=受け持ち」みたいな感じで、声を張り上げてました。(^ ^;

あまりバラのことに詳しくないので、行きの電車の中ではアンチョコ片手に「一夜漬け」ならぬ「即席漬け」しました。バラの系譜とかもガーデニング講座で教わったのに、すっかり忘れてるし〜。こんなんだったら、予習のために取り扱う品種名をあらかじめ聞いておくんだった。(来年用に覚えておこう・・・。)

販売で忙しい中でもお客さんの「選び方」とか「買い方」が気になりましたね〜。欲しい品種をリストアップされてる方、目星をつけておいたのに一回りして戻ってきたら売れてしまっていて残念がっていた方、などなど。でも、そういうこだわりはあまりなく、「あら、安いわね〜!」と「3つで1000円」くらいのミニバラを買っていかれる方も多かったです。

そうそう。そろそろ終わりかな〜という頃、見覚えのある顔を発見しました。セントポーリアを通じての知り合いSさん。セントポーリアオンリーだと思ってたから、びっくり!(向こうもびっくりしてたかもね。)その頃には大分人も減ってきていたので、少しお話することができました。

a0068151_1262287.jpg

売り子としてではなく、純粋に見に行ったのは23日(火)。お昼まで仕事をし、その後会場へ直行・・・。そのくらいの時間には帰る人も結構いて、会場内は日曜日に比べたら空いてました。まずはぶら〜っと回りながら、公式ガイドブックを買えるところを探します・・・。その途中で見つけたガーデンの一部。白っていいよな〜とうっとり。

a0068151_1263976.jpg

別のガーデンでとても気になった「ロサ・グラウカ」。銅葉にこのピンクの一重のお花の組み合わせが!!この後、販売ブースで見つけたので買おうかと思ったのですが、持ち帰るにはちょっと大きいかな〜と思い、断念しました。またの機会にしようっと。

a0068151_1265943.jpg

その「ロサ・グラウカ」(手前右)や銅葉のヒューケラ等があって渋かったコーナー。最近こういう渋い系が好き。

a0068151_1271771.jpg

a0068151_1273876.jpg

この2枚は、ガーデンコンテスト「ベランダ部門」に出品されたリトルガーデンさんの作品。雑貨も、合わせているお花も可愛らしくて、いいな〜と。(私の好みからするとちょっと可愛すぎるかもしれないけど、微妙に変えて・・・。)ただし、うちのベランダはとーっても狭いので、かわりに玄関の脇の塀を壊して、そこに作れたいいな〜と勝手に夢見てます。(夫に却下されるのは間違いない・・・。)
[PR]
by spiritualmoon | 2006-05-23 12:05 | 講座・イベント

植物イベント目白押し〜世界らん展

a0068151_11262785.jpg

a0068151_11212546.jpg


先月の後半はずっとお花関係のイベントに飛び回っていました。それも今年は見るだけではなく、お手伝いとして参加してたりして〜。世界らん展でも♪↑のランを使った藤棚としだれ桜?もその一部です。沢山の方達と一緒に作ったのですが、皆さん慣れてらっしゃる!って見とれているヒマもなく、ひたすら作業してました。途中お茶休憩の時に、やはり準備にいらしてたt_sato8さんに携帯で連絡して、ちょこっとだけお喋り・・・。一緒に作業していた人たちと假屋崎省吾氏の作品を見に行ったら、ご本人がいらっしゃいました〜。

a0068151_11214545.jpg

a0068151_11224968.jpg


展示を見に行ったのは24日でした。この頃にはイベント続きで少し疲れてたので、お昼頃に着いてササッと周るだけにしました。(本当は東儀秀樹氏のトークショーを見たかったのだけど。)販売ブースは結構人が多くて歩き辛いな〜という感じ。展示の方は、今回の目玉「コブラ・オーキッド」に列ができてたくらいで、他はスイスイと進めました。私が特に気に入った展示は、↑です。(下の2枚)
[PR]
by spiritualmoon | 2006-03-01 11:23 | 講座・イベント

バラについて

a0068151_23555789.jpg

今日の講座のテーマは「バラ」。人気のあるお花ですからね。避けられないテーマだったかも。(そのわりには今人気のあるイングリッシュローズよりも、HTのことについての方が多かったかな。)

年間の作業については、大体知っていたり、自分でもやっていることだったり(やってないことだったり)する事柄だったかな?という感じでした。でも、自分ではやっていない地植えでの作業やツルバラの扱い、その他細かい点等新たに知ったこともありました。

また、先生から今回のテーマに限ったことではなく面白いしぜひ読んで欲しい本として、「プラントハンター」(講談社学術文庫/白幡 洋三郎〔著〕)の紹介がありました。(もしかしたら以前文庫になる前のものを買ってたかもしれないんだけど、何処へ行ったやら。)うちの近所の本屋さんにはないだろうと思ったので、帰りに会場の近くの本屋さんへ行って買いました。電車の中で読み始めてみるとこれが結構面白くて。世界史は好きな方だったから、文中に出てくる歴史的な事柄と時代を可能な限り思い出しながら(大して思い出せることはないような気もする)読みました。

この画像は、今年の5月に「国際バラとガーデニングショウ」に出ていた切花です(品種名を書いたメモは行方不明・・・。)こんなバラがうちのお店にも入らないかな〜と思いながら撮ったのでした。
[PR]
by spiritualmoon | 2005-12-09 23:54 | 講座・イベント