「ほっ」と。キャンペーン

園芸店の店員、というよりただの花好き

ohanalove.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

桜草ウィーク

今週は毎日どこかへ出かけていたんですが、23日、24日、26日の3日間は日本桜草の展示会を見にあちこちと・・・。最終日直前のもあったし、日にちに余裕があるものでも連休前に行っておかないと、出かけにくくなるから。(^^ゞ

a0068151_11405427.jpg

23日に行ったところは、埼玉県さいたま市の「錦乃原櫻草フェスティバル」。荒川河川敷の、元々が桜草の自生地だったそうです。今は保存会により錦乃原櫻草園が設置され、桜草を保護しているようです。私が行った時には雑草が結構伸びてきていて、桜草がちょっと埋もれた状態でした。でも、昔もこんな風に咲いていたのかなーなんて思いながら観察するのは楽しかったです。

園内では、栽培に関する相談に乗ってくださったり、甘酒をふるまっていたりしました。 また、無料配布の苗をいただけました〜♪私がいただいたのは「銀孔雀」という品種で、昨日見たら蕾が上がってきてました。開花が楽しみだなぁ。株の販売もしていて、そちらは150〜500円でした。良心的な金額かな?

24日には、千葉県佐倉市にある国立歴史民族博物館のくらしの植物苑で開かれている「伝統の桜草」展へ。私が日本桜草に興味を持ったことを知ったRさん(園芸含めて植物の奥深さを教えてくれた一人)がこの情報を教えてくれたんですが、先日一緒に園芸店巡りをしたまなさんも同時期に某所でこのイベントを紹介していて・・・。この人たちが書いてくれてるなら、きっと見るべきものなのだろうと思い、この日急に出かけることにしました。(5月6日までやっているのだけど、連休に入っちゃって万が一行けなくなったら嫌だなと思ってカレンダーを見たら、他に行ける日がなかった・・・。)

ちょっとアクシデントがあったりしたのですが、何とか見ることができました。
a0068151_11412499.jpg

こういうのが見たかったー!と思っていたのが、これ。江戸時代後期にはこういう小屋に作られた雛壇に、綺麗に並べて鑑賞していたようです。小屋の前には縁台があり、そこに座って見るようになっていました。この画像はその縁台に座った状態で撮ったものです。江戸時代の人たちは、鑑賞しながらどんな会話を交わしていたのかなぁなどと考えながらしばし眺めていました。

a0068151_11415011.jpg

小屋以外の、東屋や温室にも沢山の桜草が展示されていました。

25日はお花の教室があったので、翌26日に神代植物公園の「さくらそう展」に行ってきました。入園する時、一瞬悩んで年間パスポートを買うことに。これなら、色々なお花のシーズン毎に行きやすくなると思ったからです。(^_^)
a0068151_11421419.jpg

正門を入ってすぐ左側。沢山の桜草が並んでいましたー!じっくり見てみると色んな色、形、大きさ、咲き方をした桜草があって、他の人たちも熱心に見入ってました。

愛らしい桜草ですが、日本で古くから収集、栽培、鑑賞されてきた古典園芸植物(必ずしも日本原産のものとは限らず、外来種であっても日本の園芸文化として発展してきたものも)のうちの1つなのだそうです。(ということは、昔からマニア心をくすぐるお花であったということ?)古典園芸植物で他に思いつくものといえば、朝顔とかオモト。他にはどんなのがあるのかな?ということで、桜草の展示場所のすぐ隣、植物会館で開催されていた「古典園芸植物展」も見てみることにしました。

オモト、サイシン、キンシナンテン、セッコク、カンノンチク、イワヒバ、マツバラン・・・などが展示されていて、屋外とは違いひっそりと、厳かな雰囲気でした。オモト1つとっても、斑入りだったり捩じれていたりして、近所で見かけるものとはかなり違う感じです。イワヒバも、時々園芸店で見かけると(コケかしら?)くらいの気持ちなのですが、立派な鉢(だと思う)に植えられている展示株は王様(国と時代背景から言えば「将軍」かな?)のような威厳があって、近づいたら「無礼者!」と叱られそうな感じ。植物に関しては自分は結構渋好みだと思ってたけれど、ここは・・・渋過ぎ!(でも、以前キンシナンテンは買いそうになったことがあったりして。)

それから、会場の壁には賞状のような、お相撲の番付表のような紙が何枚か貼られていたので、近づいて見てみました。それは各植物の「銘鑑」というもので、園芸品種の番付表なのだそうです。本当は撮ってきたかったのだけど、軽々しく撮ったりしちゃいけないかな?と思ったので、止めておきました。

会場を出てからは、売店を見たり園内を散策しながらデジカメで撮ったりしてました。ツツジや藤が綺麗に咲いていて、写真を撮っている人も多かったです。平日の割には人が多いなーと思ったのだけど・・・年齢層を考えたら納得。連休に入っちゃうと若い家族連れとかが増えるから今のうちだ〜と思ったのかな?藤の写真を撮ろうとしたら、大きな蜂(かどうかわからないけど、私には全て蜂に見えるのだ)がブンブン飛び回ってて、怖かったー!ビクビクしながら、そして近づいてくる彼等から逃げながら、撮ってました。おかげであんまり綺麗に撮れてないので、ここには載せないんだ〜。バラ園のバラは、蕾が沢山上がっていて咲くのを待っている感じでした。またバラの季節になったら行ってみようっと。(年間パスポートも買ったことだし♪)

a0068151_11424658.jpg

深大寺門から出て、お蕎麦屋さんが並んでいるあたりまでぶらぶらと歩いていると、池にアヒル(2羽)と亀(沢山)がのんびりとしてました♪お邪魔しないように・・・パチリ。モミジの新緑が綺麗でしたよ。
[PR]
by spiritualmoon | 2007-04-28 10:30 | 講座・イベント

白は飽きない♪

今、うちで咲いている白いお花達を紹介します♪(買ってきたばかりのもあるけれど。)
a0068151_121982.jpg

これは4年目になる八重咲きコデマリ。木そのものはあまり大きくなってないけれど、花付きは去年よりも良い感じ♪枝が細いから、お花の重みで垂れきってます・・・。特に今日は雨が降ったから余計に重そうでした。(笑)2年目に全く咲かなかったから、日当たりが悪いせいかもしれないと思って一時は手放そうとしたのだけど、3年目の去年は咲いてくれたから手放さなくてよかったー!某デパートの屋上にはこのお花のミニ盆栽があって、そんな風にもできたら楽しそうだなーと。(危ない、危ない。)

a0068151_1221213.jpg

これはスイートアリッサム。植え付けた時の葉っぱの色は柔らかそうなグリーンだったのに、段々と濃くてがっちりした感じになってきてます。今まではひょろひょろしてきて途中でリタイアっていうパターンだったけれど、今回はちと違うぞ〜。本来は多年草だそうだから、うまくすると・・・♪(甘いですか?)

a0068151_1224457.jpg

これは今年買ったオステオスペルマムの「シルビア」です。表はまぶしいほどの白!奥にちらっと葉っぱが見えてるアネモネ・シルベストリスにも蕾がついてます。ただ、ちょっとビミョーな感じで・・・。ちゃんと白いお花が咲くといいけれど。

a0068151_1231195.jpg

これも今年買ってしまった姫ウツギ。店に入ってきた時は(買わないぞ!)と思っていたのに、やっぱり可愛いお花だと思ってもらえたようで売れ行きが良かったのです。そうなるとムズムズしてくるのよねぇ〜。結局買ってるし。

a0068151_123399.jpg

そしてこのお花は先週買ったばかりの新入りペビリアンデージーです。(まだ黒ポットのまま・・・。)これ、3、4年前に自由が丘のお花屋さんで友達と一緒に買ったんですが、枯らしてしまったため・・・再挑戦!マーガレットみたいなお花の大きさは1cm位ととても小さいのです〜。可愛い鉢に単独で植えたいなぁ。子どもの頃にお花の絵を描くっていうと、この形でした・・・。それか、チューリップね。(笑)

こうしてみると、うちってやっぱり白いお花が多いのかも。それも小花が。そして、葉っぱの割合も・・・。でも、白いお花って飽きがこないんですよね。
[PR]
by spiritualmoon | 2007-04-25 21:20 | 小さなお花

前へ進もう♪ 〜ラベンダー、幻の原種、マニアな会話〜

少しずつ・・・仕事を辞めた実感が湧いて肩の力が抜けてきました。さあっ、庭仕事だー!と張り切っていたらいきなり冷たい雨が続き・・・出鼻をくじかれたりして。(涙)でも、お花友達(というよりお花の先輩)まなさんと園芸店巡り&お茶の約束をしていた木曜日になって雨が上がる♪(きっと晴れ女はまなさん・・・)

まなさんとの約束は午後だったのですが、前日の夜ネットを徘徊していた時に見つけたラベンダーの大鉢作りの体験講座(午前中)に急遽申し込んで参加することに。何ていうのか・・・こういうのも運命っていう感じがして。それに、愛車で行ける距離っていうのも魅力でした。以前、園芸のN先生(去年受講していた講座の)が雑誌で紹介されていた大鉢作りに挑戦してみたいとも思っていたのです。そうしたら結局今回の講座の先生もN先生の古くからのお知り合いで生徒さんでもあり、大鉢作りの方法もN先生直伝のものでした!すごい偶然。そして、そのことで凄く気持ちが盛り上がりました。

それというのも、N先生という方はとてもこだわりを持って植物を育て、研究されている方で、生産者としても素晴らしいと思っている方だからです。私が(何か違う。)と自分の仕事に疑問を持つきっかけになった方でもあったりして。だから、今回の講座も体験のみではなくて、来月から受講しようと思ったのでした。

a0068151_11525197.jpg

これが今回の講座でいただいて帰ったラベンダー・グロッソです。5号鉢でぎっしり根が張った状態の苗を、8号鉢に植え付けました。この中には、N先生のところで使われている牛糞が入っています。(この牛糞もこだわりの品で素晴らしいとは聞いていたのですが、なかなかN先生のところまで買いに行けず、今回初めて使わせていただきました。楽しみ♪)ただ、うちの場合日当たりが・・・ね。とりあえず、他の植物達と一緒に玄関に置くことにします。ベランダが狭すぎ・・・。(涙)それに、風通しもあまりよくないし。今の環境でどれくらい大株になってくれるか。悪条件の下でやってみるのもいいよね。

この苗がですね・・・。思っていた以上に大きかった(もっと小さな苗からスタートなのだと思ってた)ので、待ち合わせ場所に直行することができなくなり、一旦家に戻ることにしました。すると色々なアクシデントがあって約束の時間に大幅に遅れてしまいました。(まなさん、すみませんでした・・・。)

お昼ご飯を食べながら知識や経験の豊富なまなさんとお花のこと等をあれこれお喋りをするのはとても楽しく♪マニアな植物のことなど、聞いているうちに段々とその植物に気持ちが吸い寄せられるような・・・。「美しい」とか「素晴らしい」というキーワードが出てくると、もう気になる気になる。(笑)

そしてその後、2つの園芸店へ行ってきました♪2軒目のオザキフラワーパークへ行くと、セントポーリア売り場のK先生に「ゲッツィアーナ見に来たの?」と聞かれました。一瞬?とわからなかったんですが、前回行った時に来ていたお客さんと話が盛り上がって、その人がそこで買ったゲッツィアーナ(ゲッツアーナ)というセントポーリアの原種に蕾がついたという話をしていたことを思い出しました。その、開花した株をお借りして売り場で展示していたのです〜!(日記のタイトルを見て「ヘレボルス」の原種だと思った人、手を挙げて〜♪)

a0068151_11554475.jpg

a0068151_11563749.jpg

そのお花がこちらです〜。(撮影と掲載の許可はいただいてます。)株はミニ種と同じくらいの大きさですから、市場流通している一般的なセントポーリアよりもかなり小さいです。スミレくらいの株の大きさって言ったら分かりやすいかな?アフリカスミレという和名に合った花姿だと思いました。バイカラーで、とっても可愛いお花です。

ゲッツィアーナは日本では育てるのが難しい上に、去年まで日本での開花例がなかった幻の原種なんですね。去年日本初の開花の様子はこちら。この株の持ち主さんはきっと大喜びしているでしょう♪おめでとうございます!そして、大勢の方に見ていただけるようにお店に置いてくださって、ありがとうございました。興味のある方は、お早めに行ってみてくださいね〜。(って書いても、ここ見てるセント好きさんは少ないと思うけれど、一応。)

まなさんもセントポーリア好きさんなので、一緒に売り場をうろうろ・・・。そしてそれぞれに気に入った株を手にレジへ。それからも他の売り場へ行っては、手に取ってみたりしてました。沢山の種類の植物があるので、ここはいつ行っても楽しいです。

a0068151_11533470.jpg

今回、まなさんから日本桜草の「静かの海」と、球根ベゴニア(ペアルケイかな?)をいただきました。「静かの海」は私の中の日本桜草のイメージよりも大きなお花で、珍しい花色です。こういう優しい色、大好き♪ベゴニアの方は葉っぱも素敵だし、お花はグリーンがかった黄色で葉っぱとの組み合わせが美しいです。まなさん、ありがとう!(画像は日本桜草です。)

a0068151_11574197.jpg

私が買ったセントポーリアからはジュリエットを貼りますね。背景はうちの「庭」ではなく、園芸雑誌の表紙です。(笑)ジュリエットはミニ種でベル咲きの、可愛らしい品種です。

植物に愛情を持っている人と一緒に過ごすのは楽しいです。そして、やっぱりお花を売るだけではなくて、それプラス何かをしたいなーという気持ちが膨らんできました。まだはっきりとは見えてはいませんが、とりあえずは興味のある講座や教室に参加していってみようかなと思っています。

それともう1つ。花屋で働いた経験をムダにしないように、ある試験を受けようかなーと。資格そのものが欲しいというよりも、資格が取れた場合にそこからまた新たな人との繋がりが生まれそうなところがいいかな、と思ったのです。高望みをするのではなくて、今の自分にできそうなことからやっていこう♪
[PR]
by spiritualmoon | 2007-04-21 14:24 | 講座・イベント

園芸エッセイ漫画♪

a0068151_8524752.jpg

今日は、ヘレボのお友達はるさん(ふじのはるかさん)の単行本「今日もベランダで〜ふじのはるかのスローガーデニングライフ〜」が発売になりました。はるさんとはオフ会でお会いしたり、一緒にナーサリーへ行ったりで何度かお会いしていますが、お話していると植物に対するまっすぐな愛情がジンジンと伝わってくるような人で、きっとこの本からも感じられるのではないかな?と楽しみにしているところです。私もちらっと登場しているとのことなので、ぜひご覧になってください♪

a0068151_8475976.jpg

これは今日出勤前(遅番だからゆっくり)に撮った我が家の「庭」。私の場合は「今日も玄関前で」ですね。でも、こう文字にしてしまうと、玄関前で何してるんだ?怪しい・・・っていう感じ。(笑)

a0068151_8522063.jpg

仕事から1度帰って、駅前の本屋さんへ行った帰り道。お寺の前を通りかかると、しだれ桜がライトアップされてました♪ラッキーなことにバッグの中にはデジカメが!!あんまりよく撮れてないけど、雰囲気は味わえますでしょうか?
[PR]
by spiritualmoon | 2007-04-13 23:43 | 園芸関連の本

葉を楽しむ寄せ植え

a0068151_10412445.jpg

先日、ヘレボ好きのお客さんWさんから「ステルニー・シルバースター」をいただきました。Wさんとはよくヘレボやその他興味のある植物のお話をさせていただいてました。このヘレボルスも葉が綺麗だと伺ってましたが、本当にいい色!カラーリーフ、それもシルバーは大好きなのです。できればヘレボは単植で育てたいところなのですが、来シーズンまでこの葉を思いっきり楽しみたい!ということで、カラーリーフが主役の寄せ植えを作ることにしました。

あちこちの鉢やプランターから、合いそうなものをピックアップ。そしてできたのが・・・
a0068151_1042010.jpg

これです〜♪奥(左)にシルバースター、ニューサイラン(又はコルジリネ)、ペラルゴニウム・レニフォルメ、ヒューケラ・オブシディアン、斑入り姫ツルソバ、セダム(ドラゴンズブラッド?)、青いお花のプルモナリア・ブルーエンサイン、そして1番手前にはまだ分かり辛いけれど新芽が出てきたばかりのヘンリーヅタを植えています。ブルーエンサインは、(ちょっとはお花も入れたいな。)と思って植えた「おまけ」です。オブシディアンと一緒に注文していて、しばらく前に届いたばかりでした。相変わらず地味な寄せ植えだけど、葉っぱ好きだからいいのだ〜。(笑)

Wさん、ありがとうございました♪来シーズンはお花も楽しめるように頑張りますね。これからも引き続きお付き合いいただけたら嬉しいです。

この日記の更新作業中に電話をくださったFさん、ありがとうございました。お子さんのご入学おめでとうございます!

今後もあちこちの園芸店やお花屋さんに出没すると思いますし、近所を愛車(笑)で走っていたり、小さな犬に引きずられていることもあると思うので、もし見かけたらぜひ声をかけてくださいね♪
[PR]
by spiritualmoon | 2007-04-13 11:45 | 寄せ植え

寂れた園芸店で

ふと(あのお店は今でもやっているのかな?)と思い出してから、ずっと気になっていたとある園芸店へ10年以上ぶりに行ってみました。最後に行った時も(寂れたなあ・・・。)と感じたものですが、今回はさらに・・・。足元に並んでいた花苗のケースはかなり減っていた上、鉢の中は商品である植物よりも雑草が目立ってました。(涙)ところどころで、勝手に咲いている風なツルニチニチソウが綺麗・・・あとはほとんど緑色。(ヒメフウロソウもぽつぽつ咲いてたっけ。クリスマスローズが2鉢だけあるのを発見!どちらも花ナシ。1つは札がなく、もう1つはアプリコットの札が。金額だけチェック。(1800円)

ぶらぶらしてたら、日本桜草が目にとまりました。鉢の大きさはまちまちで、どの鉢の中にも桜草以外の植物達(複数形)が〜。私にわかったのは、カラスノエンドウとネジバナですが、他にもイロイロ。一応札がついていたので、その中から蕾をつけていた「明烏(アケガラス)」と、ネジバナ入りの「桜川」をチョイス。金額だけ聞いてみようと店員さんを探しました。

店員さん(50〜60代女性)に金額を尋ねると、「ちょっと高いけどー。」と・・・。その言葉にビビる私の顔を見てすかさず、「でも、日本桜草は今もうないしね。うちにもこの後入ってこないし。」と言う店員さん。私は、(あまりないかもしれないけどあるところにはあるだろうし、このお店に入ってこないというのは、日本桜草に限らず新たに仕入れる気がないだけなんじゃ・・・?)と思ったのだけど。すると、「昨日買っていった人は、『こんな珍しい花があるなんて!』と喜んでたよ。本当は1500円で、その人にもその値段で売ったけど、こっち(若干小さい鉢『「桜川』を指して)は1200円にしてあげる。」と値引き作戦開始。でも、私には日本桜草の「相場」はわからないし、「高い」って言われて数千円〜1万円台とかをちらっと想像してた私なので、金額を聞いて安心しちゃった・・・買う気はあまりなかったのに。きっとそれがいけないんだね。

店員さんはさらに、「こっち(と『明烏』を示しながら)は蕾がついてるし。うちのは色んな花が(鉢の中に)入ってくるから、それが面白いっていうお客さんもいるのよ〜。」とノンストップで説明を続けます。うーん。でもね、私からするといい器に植えてある草盆栽とかなら納得してたかもしれないけど、薄汚れた白のプラ鉢だし・・・ただ単に手入れをさぼっていただけにしか見えないんですが。(涙)札にあるお花の写真も、白黒になっちゃってるというよりもほとんど消えかけてるほどだし。店員さんの話では、どちらかの鉢には「ホタルブクロ」の芽も出ているそうです。でも、私にはわからない・・・。どれなんだろう?

あまりにも熱心に勧めてくれる店員さんに対して冷めてた私。普段ならこういう場合「買わない」んです。今回はどうしてかわかりませんが・・・買っちゃいました。結構沢山桜草の芽が出ているし、他にどんなものが入ってるのかな〜という好奇心もあったからかな?(明らかに雑草っていうのも多いけど。)

a0068151_95436.jpg

こちらが「明烏」で

a0068151_953488.jpg

こちらが「桜川」です。札の通りなら・・・ね。(^ ^;

そのお店には小さな温室が2つあって、1つの方には埃だらけの培養土等が積んでありました。(バラ用の土が欲しかったんだけど、それは他で買うことに。)もう1つの温室には多肉植物が沢山あり、ちょっと心惹かれるものもあったのですが・・・スルー。(値段が書かれていないと不安だよね。)

代金を払おうとした時も、「バットグァノ」を指して「これを(桜草に)使うといいよ〜。これも他ではないから、わざわざうちに買いに来る人もいるくらいで。」と勧めてくるし。(^ ^;それはセントポーリア用に使おうと思って買ったのがあるから止めておきました。

また、「領収書書くね。」と言うので「レシートでいいです。」と答えたのに、何やらモゴモゴ言いながら手書きの領収書をくれるし。なんか怪しいなぁ〜と思いつつ、桜草を2鉢抱えて帰ってきたのでした。

こうして画像をアップしてみても、買ったばかりのものとは思えないでしょう?(^ ^;
[PR]
by spiritualmoon | 2007-04-10 21:04 | 買ったお花

影響を受けやすいです・・・

今日はよく晴れて暖かだったし、花苗が泣きたくなるほど沢山あるので、「そうだ、寄せ植えでも作ろう♪」と思い立ち、ハンギング用のプランターを使って作りました。お花はゼラニウム、ペチュニア、ナスタチューム等。そして色はピンク、赤、白、黄、紫。とても華やかです。(笑)
ちょうどそれを作り終わった頃に職場のMさんが来て、「すぴさん、(私の)影響受けたんじゃない?」と言いました。うん。言われてみると確かにそうかも。今までも「売れる寄せ植え」と考えて、自分の好みよりも派手に作るように心がけてたけれど、今日のは一段と・・・。やっぱりMさんの大胆な色遣いに影響を受けたかなー。

a0068151_1054846.jpg

でも、自分用に作るのはやっぱり地味。(笑)この寄せ植えだって、白とブルーのお花ばかりだし・・・。中央のオステオスペルマム・シルビアは、花びらの外側がブルーがかったグレーで何とも言えない素敵さ♪混ぜきっていない2色の絵の具を筆につけて、すっと線を引いたような感じで色が〜。開いたら白なので、私はこの開花直前の方が好きかも。(笑)

a0068151_1063066.jpg

同じ寄せ植えの、1番手前に植えたのがベロニカ・オックスフォードです。このお花は葉っぱ濃いめのグリーンで好きな感じ。初めて買ってみたので、これからが楽しみです。

a0068151_107840.jpg

これはパンジー、ガーデンシクラメン、シュガーバイン、スイートアリッサムと一緒に寄せ植えにしてある、ローズマリー・コーリンハムイングラムです。(作った直後の画像はこちら。)ちなみに、お花はこれしか咲いてませんし、蕾も見当たりません。(涙)もっと沢山咲いてくれたらいいな〜。

この寄せ植えは、すでにパンジーがびろ〜んと伸びてきちゃってたりしますが、お花はよく咲いてます。ガーデンシクラメンもとてもいい株だったようでまだ沢山咲いてます。スイートアリッサムは・・・お花もぽつぽつ咲いてきてはいますが、なぜか葉っぱが濃いグリーンになってきてます。

a0068151_1073465.jpg

a0068151_1081018.jpg

で、こちらは寄せ植えではないのですが・・・確か先月店で買ったラナンキュラスです。帰る途中に強風(ビル風が酷いところがあるのです)で茎が折れてしまい、残っていた茎の蕾が今やっと開花中。とても優しいイエローで中心がグリーン。おまけに、この株だけが他のラナンとは花びらのフリフリが違い可愛かったので、つい衝動買いしてしまったのでした。今までは植えっぱなしで大丈夫な球根植物くらいしか育てたことがないけれど、ラナンは・・・うまく来年も咲かせることができるかなぁ。ネットで検索してみたら、掘り上げて乾燥させたりバーミキュライトの中で保存する方法が載ってました。バーミキュライトの中で保存しておけば、植え付け準備の時(少しずつ吸水させる)にも便利そうだから、それでやってみようかな。

今日もまたとある人(いつもの人の親)に理不尽なことを言われてむうっとしたんですが、もうちょっとの辛抱だから・・・と抑えました。誤解された部分は言い返しましたけど。(やっぱり黙っていられない性分なのだわ。)残る4日間、ちょっとテンション低めですが頑張りまーす。
[PR]
by spiritualmoon | 2007-04-08 21:03 | 寄せ植え

プリムラまだまだ咲きます♪

a0068151_19104247.jpg

クリスマスローズのお花が褪色してきたので、寄せ植えの作り替えをしてみました。全体の画像はあんまりよくなかったので、今日のタイトルにある通りプリムラをメインに。オステオスペルマムとビオラ2株、そしてこのストライプのプリムラにバコパを植えてます。他にも数株あるストライプのプリムラですが、何とな〜くストライプがなくなってきているような気が・・・。ちょっと寂しいんですけど。

a0068151_20212283.jpg

こちらは赤系のストライプ。やっぱりストライプが薄く滲んだようになってきているよなぁ。来シーズンは一体どんな風に咲くのでしょうか?(寄せ植えに使おうと思ってたのにまだポットのまま・・・。ごめんなさい。近いうちにプランターに植え替えてあげるね。)

a0068151_1992219.jpg

これは最近のプリムラ・ブルガリス(寄せ植え)です。とってもよく咲いてますが、3月9日の日記ではこんな風でした。(1番下の画像)同じ株を撮ってます。ただですね・・・このプランターの全体を撮った画像はこちらです。↓

a0068151_20261432.jpg

ご覧の通り、右奥の株だけは葉っぱに栄養がいってしまったようで・・・お花はほんの気持ち程度にしか咲いてません。

a0068151_20165249.jpg

そしてこのプランターの中心からはギボウシの芽が出てきました〜♪(緑の角のようなのがギボウシです。)ブルガリスのお花が終わると、主役は交替です。夏の間、このギボウシがブルガリスたちを暑さから守ってくれるはず。

画像には写ってませんが、ギボウシの芽の脇にはブルガリスかもしれない芽や、雑草には見えない何かの芽も出てきています。何だろう?(気になって抜けない・・・。)
[PR]
by spiritualmoon | 2007-04-04 20:19 | 寄せ植え

セントポーリア三昧の週末

a0068151_9372570.jpg

先週金曜日は、セントポーリアの例会に出かけてきました。ちょうど京王で即売会とミニ展示会があったので、早めに家を出てまずは新宿へ向かうことに。

展示の方は売り場のごく一部分を使われてましたが、素敵な株がいくつもありました。あんな風に咲かせることができたらなぁ〜と、いつもと同じように思いつつ売り場へ・・・。しかーし!今回は初日じゃなかったからか、欲しいミニ種がなかったので何も買いませんでした。

例会ではいつものように育て方の講習と実習、コンテスト、懇親会、苗の争奪戦(ジャンケン大会?)等がありました。私のジャンケン(3回)の結果ですが、セントポーリアと日本桜草(それぞれ希望者2人)ではあっけなく負けてしまい、やっぱり私はジャンケンが弱いのだわ・・・と思ったのですが、その後セントポーリアではなく、「カラコルタス・キューピッド」という球根植物(多分1番人気)を巡っての戦い(2株に対して7人)では勝ったのです〜!その、勝ち取った株がこちら。株やお花の大きさはちょうどハナニラぐらいで、透き通るように薄い色をしているところがお気に入り♪あと、ジャンケンに負けた日本桜草も、2株入っているからと勝者Hさんから分けていただけました〜。嬉しいなぁ。

また今回は、ある意味では意外な方達とお会いすることができて嬉しかったです。何年もくすぶっていたもやもやが大分発散できたし。(笑)あの当時は辛かったなぁ。言葉と、それを発する人間が怖くなって、しばらくネットから離れてました。裏でコソコソやっている人(噂レベルではなく、事実としてわかってること。メールで共通の知人の悪口を書いちゃってます。その知人同士でそのメールを見せ合いっこして悪事がバレバレ)が、会えばくったくのない笑顔で挨拶してくるんですから。

「お花が好き」で集まっているはずなのに、その中の人同士の話になると何ていうのか・・・嫉妬心とか妬みとか・・・育てられてるお花が悲しみそうな低次元のことになってしまって、なんだかなぁ〜と思うようになりました。本当に自分が好きなお花を広めたいな〜と思っていただけなのに。だから、その後はなるべくそういう臭いのするところにはなるべく近寄らないようにしています。というか・・・目立つことはしないようにしています。お花にとってプラスになるかなって思えることがあれば、お手伝いします。ただし、裏方として。おかげさまで今お付き合いのあるお花友達は、このブログに遊びに来てくださってる方を含めて、皆さんお花にも人にも優しい方ばかり。でも、もしかつての私と同じように人とのことで悩んでいる人がいるのなら、そういう人とはちょっと距離を置くことと、お花の方を見てあげて♪と言いたいです。自分の家にあるお花でもいいし、近所の道ばたに咲く野草でもいいと思います。お花を愛おしむ心と、そういう心を持っている自分自身を大切にしてほしいです。

a0068151_9382349.jpg

と、珍しく真面目な話になりましたが、ここらで気分を変えて・・・その翌日、土曜日の話に進みますね。

その日は、時々行く園芸店にセントポーリアが入荷するとのことだったので、出かけてきました。売り場に行くと、聞き覚えのある声がするので見てみたら・・・知っている方K先生でした。思いがけないところでお会いしてちょっとびっくりしましたが、お話を聞いて納得。これからはそこへ行けば相談にも乗ってもらえる〜♪そして・・・間もなく物色開始。(笑)すぐに見つけた株の品種名を確認したら、「ローズマリー」と!こんなところで出会えるとは〜!古い本で見てずっと欲しいと思っていたけれど、未だ販売されてる実物を見たことはありませんでした(少なくとも記憶の中では)。それがこのお花なんですが、咲き終わりかけているのでちょっと縁が茶色くなってます。あと、ちょっと記憶に残ってる写真のお花ともちょっと違う気もする。白い部分が少ないし、エッジに一部グリーンが載ってるんだけど・・・。(でも葉っぱはネット検索したのと同じ感じの丸葉。)古い品種で一人で育てるのは心配なので、上手なお友達に葉っぱを渡しておこうっと。(^_^)

この「ローズマリー」を片手に売り場をうろうろしていたら、同じように物色中だった人に声をかけられました。色々話をしていたらその人も結構古い品種がお好きとのことで、話が盛り上がる、盛り上がる・・・。(笑)一人で買物に行った時に知らない人と話をすること自体ほとんどなかったので、面白い経験でした♪お互いに探している品種の話にもなりました。彼女はガール葉の「ビオラタッカー」を探しているそうです。って、ここでお知らせしても見つからないとは思うけど、もしかしたらっていうこともあるので一応書いておきますね。お持ちの方、いらっしゃったらよろしくお願いします。

その彼女、咲かせるのがとても難しいとされている原種に今蕾がついているそうで、携帯の画像を見せてくださいました。ストークが2本も出てる!開花したらどこかでわかる・・・はず。楽しみ〜。でも、これから初めての夏越しが待っているとのことで、とても心配されてました。夏越しもうまくいくといいけれど・・・。

そんな風に過ごした週末でしたが、ヘレボの方はまだ花茎切りとポット上げをしていません。遠方オフで買ったダブルは花茎が折れてしまったり、「ダブル×セミダブル」の白ポットは咲いてみたらシングルだったり、とあまりいいことがなくてテンション下がってます・・・。が、今日こそはお手入れをして、「庭」の模様替えをしなければ!頑張りまーす。
[PR]
by spiritualmoon | 2007-04-01 09:36 | 講座・イベント