園芸店の店員、というよりただの花好き

ohanalove.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

試験終了

しばらくぶりの更新です・・・。
今回の沈黙期間中、試験勉強&息抜き(オフライン)をしていました。一昨日、昨日と2日間に渡っての講習と試験が無事?終了。あとは結果発表を待つのみです。

この2日間は朝から夕方までずーっと植物についてのお勉強をしていました。初日の前夜、緊張のためかよく眠れなかったせいもあって、講習中に何度か睡魔に襲われたり・・・。(充分とは言えなかったけど、眠気対策に「フ○スク」を持っていってよかったです。)でも、講師の先生が「クリスマスローズ・・・。」と言った時にピクッ!と反応した自分がおかしかったです。(笑)

講習の内容はテキストに沿っていたんですが、もうちょっと突っ込んだ話や最新の話も出たりして良かったです。もし不合格になったとしても、講習を受けたことはムダにはならないかな。

試験の方は、経験者の方からアドバイスをいただいてた時間配分はうまくいったかな?でも、帰ってから自分で覚えている限りの範囲で答え合わせをしてみると、やっぱりいくつか間違ってた・・・。(それ以外にも間違えてる可能性あるし。)私ってやっぱり木本が弱点だわ。

今回、偶然にもお花友達のAさんも受けるということを事前に知ったのですが、会場へ行ってからも知っている方とばったりお会いしたりして。(世間は狭いっ!)

もう試験も終わって自由の身になったのね〜♪と思うのに、頭の中ではまだテキストや講習、試験に出てきた言葉がぐるぐる回ってます。知恵熱出たみたいだし。(冷房がよーく効いてたせいか、試験中に寒気がしてきたんです。袖の長い服を着てたんだけど。今はもう元気ですよ。)身に付いたっていうこと?ならいいなぁ。(笑)

仕事の方は、今日も休みです。お花のスクールの日なので♪6連休ですが、夏休み取ったという気が全くしません。夫も休みで家にいたし。今日は久しぶりに寄り道して帰ろうかな〜。
[PR]
by spiritualmoon | 2007-08-22 10:44 | お花の勉強

多肉植物〜それぞれの光加減の好み

a0068151_5224925.jpg

多肉植物を何種類か育てています。置き場所はもちろん、他の植物達と同じで家の北側(玄関周り)。日照時間はごく短いけれど、結構明るい日陰です。同じ場所に置いているのに形が崩れないものもあれば、徒長してしまってるものもあり、「多肉植物」と一括りにされていても好みの明るさが違うのだなぁと実感しています。

まず徒長してしまうのは、セダムです。「虹の玉」かな?と思われる、6月に買った寄せ植えの中にあるものが伸びてきました。一緒に植わっているエケベリアの一種っぽいものも少し伸びてきてるかな〜。他に単植のセダムなんかも・・・。

一方、形が変わっていないのがセンペルビウムやハオルチア、このコモチレンゲです。コモチレンゲは多少傷みが出てきていたので、先日植え替えてみました。ベトナムコーヒーのフィルターにちょうどぴったり♪

よく、インテリアや雑貨関係の雑誌やムックの実例写真で室内の窓際に置かれている多肉植物を見かけますが、それを見る度に(徒長しないのかな?)と気になります。そういう写真は撮影時に綺麗でさえあればいいと考えられているのかもしれませんが、読者の中には(こういう場所でうまく育てられるんだ。)と信じる人も結構いるのではないでしょうか?特に経験が少ない人や、そういう写真に惹かれて育て始める人は。それで実際に育ててみてうまくいかなかったらサッサと諦めちゃう・・・?

園芸って、しぶとくなくちゃやってられない趣味かもしれない。害虫や病気と闘い、失敗すれば(何がいけなかったのだろう?)と反省してから再挑戦。水やりに悩み、剪定に迷い、心配事がない時がないと言えるかも。そういう思いをしながらも諦めずに続ける。そのうちにお花が咲いたり、枯れた!?と思われた株の根元から新芽が出ているのを見つけて狂喜乱舞する。そういうことはある程度続けてみないと経験できませんよね。

店でも、園芸関係の掲示板でも、「手間のかからないお花は何ですか?」と聞かれることがありますが、その度に(造花。)と心の中で答えちゃいます。だって、生きているお花をきれいに咲かせておきたいならお世話するのは当たり前。それを「手間がかかる」と考えるようじゃ・・・ねぇ?

きっかけは「インテリアの一部として植物を」でもいいけれど、ぜひその植物達と長いお付き合いをしていってほしいな。徒長しちゃったら仕立て直したり、挿し芽で沢山殖やしたり。そしてそれをお友達に分けてあげたりして園芸仲間を増やす・・・。失敗しても、しぶとく気長に♪
[PR]
by spiritualmoon | 2007-08-03 08:58 | 多肉植物

藍の生葉染め

今日はハーブの講座で「藍の生葉染め」を教わってきました。お庭から摘んだ藍と身近な材料で、シルクのミニスカーフを染めたんですが、思っていたより作業はシンプル(火は使わない)だし、お家にあるものでできるので(藍はないかもしれないけど)、これはお勧めです♪

藍は知ってても、植物としての藍は多分初めて?こんな風にわさわさと茂っていました。
a0068151_425467.jpg

ほとんど虫がつかなくて、葉っぱは綺麗な状態。画像の左下に見えてる大きな葉っぱ(何か聞いておくのを忘れました!)は虫食いだらけだというのに。藍で染めた服には虫がつかないとか。昔の人の知恵って凄い!

a0068151_431182.jpg

お庭で藍を収穫中に、先生が「藍の葉っぱを手で揉むだけで青い汁が出るよ。」とおっしゃったので、早速実験。しばらくすると指先が青く染まってました。こんな風に葉っぱに傷がついただけでも青くなるそうです。(左側の傷ついた部分が青いの・・・見えますか?)

a0068151_433315.jpg

染液を作る前にスカーフを絞り染めにする準備を。てるてる坊主がいっぱい〜♪

a0068151_435184.jpg

染め終わったものを、ちょうど影になる木の下にかけて乾かしました。イメージしていた色(もっと濃い・・・いわゆる「藍色」)とは違うけれど、これもまた素敵な色です♪布の素材や織り方、天候、時期等によって色の出方は違うそうで、そんなところも面白いなーと思いました。

講座そのものも楽しかったけど、作業を進めながらの雑談もとても楽しく♪そして「ダイエット」という言葉が聞こえた時にはサッ!と真剣な表情に。そしてすかさずシラバスの隅っこにφ( ̄ー ̄ )メモ!(笑)ビリーのキャンプに入隊するより簡単(&楽)なので、早速今晩からやってみることにしました〜。(夫に話したら思いっきり疑いの目で見られてしまったけど・・・今までのことからすれば、疑うのも無理は無いかな。)

この週末は友達親子と映画を観に行って、元気だったらバリ舞踊も観に行ってきます。その後火曜日には職場の研修が待ってます。(ちょっとドキドキ)それからお盆に突入して・・・と思ったら、すぐに試験だぁ〜!(あ、写真用意しておかないと。)
[PR]
by spiritualmoon | 2007-08-02 23:01 | 講座・イベント